FC2ブログ
05.10
Thu


私たちが無意識に起こしている反応は、当然ながら、
意識に上がるまで、自分が起こしていることすら気づいていません。

いつもの自分が、どんな風に街を歩き、
どんな風に人と接し、
どんな風に振舞っているのかすら、
自分で気づかないのと同じように。


もしも、あなたが、気づかなかった自分に気づいたとき、
それが体を緊張させたり、硬直させたり、
居心地悪くすることだったなら、
RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)を試してみませんか?


RFTは、あなたの中に、リラックス空間を広げることでしょう。


創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪


〈10日・20日・30日更新予定〉


【出来るシリーズ】 タイトル一覧も、ぜひご活用ください☆


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・



あれから数週間が過ぎ、ゼミ会の飲み会の日がやって来た。
アイ子は、心踊らせながら、会場に向かう。


今回はビアガーデンだ。
コースケも参加している。


参加者は10名を超えたが、
コースケはまたもや、アイ子の近くに座ることになった。


-- やった!

思わず、心の中でガッツポーズする。
今度は落ち着いて話せそうだ。


-- 私、やっぱり先輩の笑顔が好き


みんなと話しながら、時々そっとコースケを伺うように見てしまう。
時々、コースケと目が合う。


「私、ビール選んでくる」

ここは、自分で好みのビールを選んで注ぐことが出来るビアガーデンだ。
アイ子は、照れ隠しにビールを注ぎに行くことを口実に、席を立った。


-- またコースケ先輩に会えた!
  目が合っちゃった。

それだけで心が浮き立つ思いだ。
ご機嫌な気分でビールサーバの前に立った。


ふと、背後に人の気配を感じた。
誰かが後ろに並んでいるのだろう。


アイ子は急に落ち着かない気分になった。
まるで後ろの誰かから身を守るように、
身体をビールサーバに寄せる。



すると、後ろの人がさらにアイ子に近づいて来た。

-- しまった!逃げ場がない!


その時、すぐ後ろから
「相上ちゃん」
という声がした。

振り返ると、コースケだった。


「そんな抱きつかなくても、サーバは逃げないよ。」
フッと笑う。


アイ子も苦笑いした。


-- コースケ先輩だって初めから分かってたら、後ろが気になったかな?
コースケがビールを注ぐのを待つ間、アイ子はぼんやり考えいた。


二人でテーブルに戻るとき、
コースケが話しかけてくる。


「この前は調子悪そうだったけど、今日は大丈夫みたいだね。」

「えっ?」

「久しぶりに話したいと思ってたのに、
ぜんぜんチャンスなくてさ」

「えっ?」

「あのさ、相上ちゃん、中華好きだったよね?
最近、美味そうな本格的中華の店を見つけたんだけど、今度二人で行かない?」

「えぇっ?」


アイ子が驚いているうちに話しが進んでいる!


アイ子はぶんぶん頭を前後に揺らして、
オッケーの意思表示をした。
ドキドキしてうまく声が出せない。


「じゃあ、また連絡するから、近いうちに。」

アイ子は、ただ、頭を前後に揺らすだけだった。


その後は、またもや夢うつつのまま、
時間が過ぎてしまった。

でも、前回とはぜんぜん違う。
アイ子は天にも昇る思いだった。



翌日も、気分冷めやらず、うきうきしながら会社に行って、
ご機嫌な心地で仕事をしていると、
後ろに人が立っていることに気づいた。

思わず、仕事の手が止まる。
振り向くと課長だった。

「何かありましたか?」


「いや、相上さん、なんだか楽しそうだから、
通り過ぎようとしたけど、つい足が止まったよ。」


アイ子が照れ笑いしたのを見て、課長は離れていったが、
そのとき、ふと思い出した。


-- そういえば、今までいつも後ろに人が立つと緊張してた。
  なんで??

その場から逃げたくなるような、圧を感じるのだ。



-- この前、先輩が後ろに立ったときも、
  逃げたいような気分になってた。  
  この追い詰められるような空気圧は、いったいなんだろう?


この感覚が、気になって、ふと過去に意識を向けたとき…

-- お母さんだ!

アイ子の中に思い出がよみがえる。

アイ子がまだ幼稚園のとき、
母がピアノ教室に通わせた。


毎日、母がアイ子のピアノの練習に付き合った。
アイ子の斜め後ろに立って、
練習の様子を眺めている。


間違えたり、さぼったりすると叱られる。
そのときの記憶が呼び覚まされた。


-- 体はずっと緊張を覚えてたんだ。
原因が分かって、ちょっっぴりホッとした。


アイ子はピアノの練習が嫌いで、すぐにやめてしまったが、
あのとき、知らず知らず、母の圧を感じていたのだろう。




帰りの電車の中で、誰かが後ろに立ったとき、アイ子は気づく。
背中がぞわぞわしている。

-- そういえば、今まで電車の中でも人が後ろに立つのはストレスだった。
  なのにストレスを感じていることにすら、気づかなかった…




自宅へ帰ると、落ち着く。
-- そうだ、RFTしよう!


アイ子は、幼稚園の頃の
後ろに立った母に、叱られている小さな自分に、RFTを進めた。

怒られる怖さ。

-- ううん、お母さんの期待を裏切る怖さ。
  お母さんを喜ばせてあげたかった。
  そして、それはお母さんと仲良くなって、たくさんの愛を得るためだった。


練習してもうまく弾けない悲しみ…。
うまく出来るはずがないあきらめ…。

いくつもの思いや感情に優しく声をかけると、形や感じが変わっていく…。


やがて、小さなアイ子は、
母の目など気にせず、ピアノを楽しみ始めた。


大人のアイ子の体も、ふわりとリラックスしたのを感じた。




その週末は、さっそく、コースケと待ち合わせだ。


早めに待ち合わせ場所に立つアイ子。
後から人が近づいてくる。

気配はしても、もう逃げたくなる感じはない。

「お待たせ。」
振り向くと、コースケの笑顔が見えた。

「先輩、こんにちは!」
思わず、アイ子の顔がほころぶ。


-- コースケ先輩の笑顔、やっぱり好き


「あのさ、相上ちゃん、前から思ってたんだけど、
そんな目で見つめられると、誤解しちゃうよ?」

コースケがちょっと悩まし気な顔をした。


「…誤解しても良いですよ。」


コースケがアイ子を見て、顔を赤らめた。
言ったアイ子も顔が真っ赤だ。


二人は見つめ合って、照れ笑いした。



二人の物語も、始まったばかりだ。




続く…


※セラピーには個人差があります。
テーマによっては、何度もRFTを行う必要があります。
また、同じ反応でも、過去の出来事や原因は人によって様々異なります。


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・



次回は、5/20に更新予定です。



~RFT講習会のご案内~

【名古屋】RFT基礎(自己の癒し)コース  ≪募集中≫
日時: 2018年6月23日(土)~24日(日)  10:00~16:30(2日間とも)
場所: 名古屋市千種区
講師: 佐藤純子
参加費: 48,000円(再受講30,000円)/税込み・テキスト代込み
 お申込みフォーム: 『名古屋 RFT基礎コース』



【オンライン平日昼】RFT基礎(自己の癒し)コースのご案内  ≪残席1名≫ ★ご自宅で受講して頂けます
開催日: 2018年7月5日、7月12日、19日 全3回 すべて木曜日
開催時間: 各回とも10時~13時 (3時間程度 × 全3回に分ける形式です)
場 所: オンライン(テレビ会議システムzoom) 
講 師: 葵井美香子
参加費: 48,000円(再受講30,000円)/税込み・テキスト代込み
 お申込みフォーム:『RFT基礎コースオンライン平日昼クラスお申込みフォーム』



【東 京】RFTプラクティショナーコースのご案内  ≪募集中≫
※2019年以降は特例を除き、名古屋開催のみとなります。
開催日時: 2018年8月4日(土)~5日(日)  10:00~16:30(二日間とも)
開催場所: 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館
講  師: 佐藤 純子
参加条件:
  ◎2日間の基礎コースに参加された方
  ◎2017年2月までにプラクティショナーコースに参加された方
お申込みフォーム:『東京プラクティショナーコースお申込みフォーム』




RFT講習会の日程は、こちらもご覧ください ⇒  『RFT講習会のお知らせ』



RFT講習会のご案内メールご希望の方はこちらから ⇒ 『ご案内メールお申込みフォーム』




 Resistant Freedom TherapyR(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、


        レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン








スポンサーサイト

back-to-top